【アンケート調査結果】人気の格安SIMランキングと利用率

MMD研究所は、『2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査』を実施し、格安SIMの利用率や人気の格安SIMなどを調べた結果を公開しています。アンケートの対象者は、15歳~69歳の男女35061人に対し行っています。

まずは、格安SIMの利用者と35061人に対してアンケートを行った結果です。

格安SIM利用率

格安SIMの利用者は、全体の11.5%で4018人の利用者がいます。格安SIMの販売が開始されてから、月額料金を大手3社より、はるかに安価な料金で契約出来ることで、特にライトユーザーや二台持ちをされる方が増えてきている現状です。

次に格安SIMを利用していると答えた4018人のユーザーに対し、メインで利用している格安SIMのランキングが下記です。

人気の格安SIM

OCNモバイルONEで16.4%、楽天モバイルが15.9%、IIJmioが11.3%、BIGLOBE SIMが7.8%、mineoが6.8%とベスト5が出そろいました。OCNモバイルONEは、販売当初かなり契約数を伸ばし、現在もトップです。最近、契約数を伸ばしている、mineoは、この中でも唯一のau回線の利用が可能となっており、auのスマートフォンの利用ができます。また、docomo回線での契約も可能なため、多くのスマートフォンをmineoの格安SIMで利用することができます。

格安SIMの利用者で音声通話+データ通信の契約利用者が多いのは、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、IIJmio、mineoの順となりました。

一方、データ通信のみの契約については、OCN モバイル ONE、IIJmio、楽天モバイル、BIGLOBE SIMの順になっています。

今回のMMD研究所の調査結果では、人気の格安SIM(MvNO)は、OCNモバイルONE、楽天モバイル、IIJmio、BIGLOBE SIM、mineoの5社となりました。

格安SIMの種類が多くて、どこの格安SIMに乗り換えようか迷っている人は、上位5社で検討してみると選びやすいかと思います。

MMD研究所 「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」

シェアする