イオンリテールが運営する格安スマホ・格安SIM「イオンモバイル」の特徴と料金プラン、サービス内容についてご紹介します。

イオンでは、MVNO事業代理店として、格安スマホの販売を行ってきましたが、2016年2月より自社で「イオンモバイル」の販売を開始しました。

イオンモバイルの特徴とこんな人におすすめ

①料金プランは29種類と豊富、自分の使い方に合ったプランが見つかりやすい。

②契約後のサポートも充実。200店舗以上の全国のイオンでサポートを受けられる。

③最低利用期間がないので、いつ解約しても解約料はかかりません。お試しで利用するのにも適している。

④格安スマホと格安SIMのセット購入、格安スマホの単品購入、格安SIMの単体購入とお好きな購入方法を利用できます。販売機種の種類が豊富です。

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルは、docomo回線を使用した格安SIMで、29種類ものプランが用意されています。回線速度は、下り最大375Mbps 上り最大50Mbps。

音声プラン データプラン シェア音声プラン
500MB 1180円
1GB 1280円 480円
2GB 1380円 780円
4GB 1580円 980円 1780円
6GB 1980円 1480円 2280円
8GB 2680円 1980円 2980円
12GB 3280円 2680円 3580円
20GB 4680円 3980円 4980円
30GB 6080円 5380円 6380円
40GB 7980円 7480円 8280円
50GB 10800円 10300円 11100円

※上記のシェア音声プランの料金は、音声通話SIM1枚とデータ専用SIM2枚を契約した場合の料金です。音声通話SIM1枚とデータ専用SIM1枚の合計2枚での契約もできます。

データSMS付きSIM1枚追加に付きプラス月額140円。音声通話SIM1枚追加に付きプラス月額700円必要になる。

通話料について
音声通話プランを契約した場合は通話料30秒につき20円発生します。

通話が多い方は、月額850円で「イオンでんわ5分かけ放題」に加入することで5分以内の国内通話を回数無制限で無料で利用することができます。5分超過分については30秒10円と割安で利用できます。

専用アプリ「イオンでんわ」を用いて通話することができるプレフィックス音声通話サービス。IP電話とは異なり、音声通話回線を使用して通話ができるため、通話の品質も良い。

最低利用期間について

どのプランであっても、最低利用期間がない。そのため、いつ解約しても解約料は発生しません。ただし、他社へ乗り換える場合は、MNP予約番号発行手数料が必要になります。イオンモバイル契約から180日以内に、他社へ乗り換える場合は8000円、181日以上経過している場合は3000円必要になります。

料金シミュレーターで必要料金を計算しよう

契約したい料金プランが決まったら、公式サイトにある料金シミュレーターを使って、必要料金を計算してみましょう。

公式サイト イオンモバイル

イオンモバイルで利用できる端末・機種は?

イオンモバイル以外で購入した機種を利用したい場合は、事前に対応するかチェックしておこう。公式サイト内にある【動作確認端末一覧】のページで調べることができます。

関連記事
イオンモバイルの申し込み方法。MNP、新規契約の手続き、利用開始までの流れ
イオンモバイルのキャンペーン、セール情報。期間限定割引など要チェック

イオンモバイルの関連記事
  • イオンモバイル1周年キャンペーンSIM1円、スマホ1万円、通信料プレゼント
  • イオンモバイル「イオンでんわ5分かけ放題」オプションと基本料金の値下げを発表
  • イオンモバイルのキャンペーン、セール情報。期間限定割引など要チェック
  • イオンモバイルの申し込み方法。MNP、新規契約の手続き、利用開始までの流れ
  • イオンモバイルの特徴、料金プラン、サービス。どんな人におすすめ?
  • イオンモバイル 『VAIO Phone』が1000台限定で本体価格20000円割引
  • イオンモバイル、京セラのスマホS301が5000円オフ&大容量プラン最大4000円割引
おすすめの記事